葬儀のときどんなネックレスをつけるべきか

葬儀のときのアクセサリーは、決まりごとをきちんと知らないと戸惑うことが多いですよね。
「派手なアクセサリーはひかえる」「パールのネックレスをつける」のがマナーとされますが、実際はどうなのでしょう。

マナーは時代によって変化します。

以前は、葬儀の席ではアクセサリー類は結婚指輪以外まったく身につけないのがマナーでした。


しかしやがて「パールは悲しみの涙を表す」と言われるようになり、広く好まれるようになったようです。

現在のマナー本を見ると、「つけるべき」と「必ずしもつけなくてもよい」とが半々であるように思われます。男性のネクタイとは違い、つけなければ失礼ということはないようです。


しかし、年代や地方によって価値観はさまざまです。

ネックレスをつけているのが失礼と考える方も、つけていないのが失礼と考える方もいます。
ブラックパールやオニキスなど、黒い石のネックレスをさりげなくつけると、喪服には目立ちづらく、さまざまな価値観の方が集まる葬儀の場では無難ではないでしょうか。
葬儀は厳粛な場ですから、イミテーションの石は避けた方がよいでしょう。


きちんとしたものを用意して、使いまわすと無駄がありません。


オニキスはいろいろな服に合わせやすいためか、最近はよく好まれているようです。


ただし、パールにせよ、オニキスにせよ、二連になったネックレスは避けましょう。
「不幸が重なる」ことをイメージさせて、不吉とされるためです。
また、当然ですが長いネックレスも派手になってしまうのでご法度です。襟元くらいの長さが目安です。

https://www.youtube.com/watch?v=llwvJ_dDoFE
https://www.youtube.com/watch?v=inSKkGbJ9hU
http://www.coop-sougi.net/info/

桑名で葬儀の事前相談の情報が必ずあります。

新しい散骨といえばこちらです。

葬儀の費用に出会えて満足です。

散骨に関する情報を提供中です。

今までに培ったノウハウを活かし、四日市の葬儀で事前見積りをご提案いたします。